草取りも虫取りも全力で!学習田にて。

田植えから約1ヶ月半が経ちました。地元小学校の学習田。稲はすくすくと成長を続け草丈は約40cm、分けつも進んでいます。今月下旬頃からは幼穂が現われ始め、いよいよ稲らしくなってきます。

稲が元気に育つのは何よりですがそれと同時に田んぼには雑草が台頭してきます。雑草をそのままにしておくと米の収量(収穫量)に大きな影響を与えるのでできるだけ早く除草をすることが必要です。しかし、今年は田んぼの雑草が少ない!上の写真の通り、稲と稲との間に水面がはっきりと見えます。ちなみに昨年の田んぼはこのような感じです↓

草だらけ!稲なのかヒエなのか、大変な状況でした。

昨年は1時間半かかった草取りも、今年はなんと20分で終了!草を探すのが大変なくらいでした。

今年雑草が少なかったのは、深水管理で早い段階で雑草の発生を抑えられたこともありますが、昨年の5年生が一生懸命草取りをしたことも理由の一つに考えられます。昨年の雑草の種が田んぼに残らなかったのです。今日の頑張りが来年以降にもずっと続くんですね。

当日はあいにくの天気で雨は降りませんでしたが肌寒く、田んぼの水温もだいぶ低めでした。ただやっぱり子供たちは元気な声を上げながら草取りに励みました。草取りの後は…

ザリガニ獲りとカエル獲り。男子も女子もみんなで虫捕りに精を出しました(笑)

次回は10月の稲刈りです!どんな方法で稲刈り・乾燥をするか、ただいま考え中です。

それまでに子どもたちには田んぼの変化(稲の成長、いろいろな生き物の出現)を観察していて欲しいと伝えました。私もこのブログで学習田の様子を随時報告させていただきます。

0コメント

  • 1000 / 1000