レトロな農具

いきなり問題です!!!

この写真のものは何でしょう(^〇^)??

木製ですね…

受け皿みたいなのがありますね…

回すレバーの様なものも付いてますね…


これは種籾(たねもみ)の選別に使います。

唐箕(とうみ) という農具です

今回はこの唐箕を使っての種籾の選別をご紹介します。



脱穀後の種籾には先端に芒(のげ)が付いてます。↓↓

この芒を取り除く為に脱芒機に投入します。

この作業は脱芒(だつぼう)といいます。

脱芒が終わると…

いよいよ唐箕の登場です!!!!!

唐箕とは…人力で風を起こして塵、籾殻を飛ばし種籾の選別をする農具です。

受け皿に脱芒後の種籾を入れ、レバーを回し風を起こします。

少しずつ種籾を落とし風に当たると…

塵、籾殻、未熟な籾が飛ばされます。

傷めないように綺麗に脱芒し選別を行うことが

健苗のポイントになります。

唐箕は約300年前から農家で使われていた道具です!!!

まだまだ現役で活躍中!!!!

0コメント

  • 1000 / 1000