登米市の“日本一”はっとフェスティバル

みなさん、“はっと”ってご存知ですか?全国的には、すいとんと呼ばれる料理で、登米市では郷土料理としてどの家庭でも昔からよく食べられています。市内には専門店もあります。そのはっとの日本一を決めるはっとフェスティバルが週末に市内で開催されました。今回で13回目です。
分かりますでしょうか?登米市はいわゆる田舎の町ですが、すごい人出です。なんと2万人以上も人が集まります!
市内外から特徴的なはっとがたくさんやってきます。その数、30店以上。カレーはっとに小豆はっと、カニはっとにきのこはっと…。しかもどの店も一杯300円!食べやすいサイズなので、店から店へと渡り歩き何杯も食べてしまいます。では、わたしが食べたはっとを紹介します。
左上から時計回りに、油麩と舞茸はっと。牡蠣鍋はっと。鶏つみれ海鮮はっと。牛もつはっと。
実はこの他にも、牡蠣汁と赤豚フランクソーセージをいただきました、食べ過ぎでしょうか?笑
冬晴れの空の下、郷土のことを想いながら、お腹いっぱいになれた幸せな1日でした。

0コメント

  • 1000 / 1000