籾摺りを経て玄米へ!

東北の紅葉はだいたい終わったでしょうか。あっという間に冬に突入です。水たまりを見ると氷が張っていました。
雪こそ降っていませんがこの時期になると朝方に氷点下に達する日も増えてきます。

寒風吹きすさぶなか終わった学習田の脱穀。本日、収穫した籾の籾摺り作業を行いました。ちなみに収穫量は、籾の状態で麻袋3つ。だいたい75kgくらいでしょうか?
籾摺りとは、籾から籾殻を取り除き、玄米にする作業です。
奥に見えるのが小型籾摺機。手前の青い機械がグレーダーと呼ばれるふるい式の選別機で、籾摺り後に出てきた玄米から割れた米や小さい米やごみを取り除きます。
まずは籾を籾摺機の張り込み口に投入します。
機械を通るとあっという間に玄米の状態で出てきます!
これをグレーダーに通しますが、
早過ぎて何だかよく分かりませんね 笑

無事に籾摺りは終了!玄米で65kgほどになりました。これを精米すれば普段目にする白いお米になります。子どもたちにお米を届けるまであと少しです!

0コメント

  • 1000 / 1000